052-774-8615
受付9:00-18:00
愛知県名古屋市名東区猪子石原3-603
向山の家 (名古屋市昭和区)
Works
外観 道路面よりみる 大壁工法で仕上げられた白色ですっきりとした外壁です。前面は駐車スペースとなっていて、高低差が2mほどある外部の階段がポーチまで導きます。
外観 南西側より見る(夜景) 片流れの屋根形状が建物をシャープにしてくれます。南面の2階部分が銀黒のガルバニウム鋼板で仕上げられ建物外観に変化を与えています。
外観 南側より見る外構の木横格子やバルコニーのアルミ横格子共に防犯にやプライバシーのことを考慮して、目隠しの高いものとしています。木の横格子やアルミの格子が外観にもアクセントを与えています。
玄関より見る 1本の廊下が居室や水周りへつなげます。中央部分に段差がありますが、土地の形状に合わせて30cmの高低差があります、このことで天井高さも違い、空間に変化を与えています。
2階 LDK 造りつけのキッチンです。フラットキッチンなのでキッチンで調理を行うときなどに視界を遮るものもなく、開放的で、家族とのコミュニケーションも円滑に行えます。
2階 LDK フローリングも明るい色で、白系統ですっきりまとめられた、ダイニングキッチンです。勾配天井になっているので空間の広さを感じられたり、自然の光も入り明るく心地の良い空間にまとまっています。

高低差をうまく利用したコンパクトハウス

間口が5m、奥行が25m、道路との高低差が2m程度の敷地へ計画された間口3.6mの木造住宅です。 土地の形状に合わせて計画されており、1階内部には高低差があり、変化を与えています、また間口が3.6mでも建物内部はそのことを感じさせないように計画されており、すっきりとしています。 2階のLDKには光や風が入り、心地よい空間となっています。